『リスペクト 好き、好き、大好き』図録
 
商品番号:1-33
『リスペクト 好き、好き、大好き』図録
864円
148×210mm

夫 寛を生涯わが師と仰いだ与謝野晶子、泉鏡花を先生と慕った里見ク、学生時代に夏目漱石に出会い薫陶を受けた芥川龍之介、芥川に憧れノートに名前を書き連ねた太宰治ら、文学者が文学者を敬愛した例は枚挙にいとまがありません。 最近、「尊敬、敬意」という意味合いで「リスペクト」という言葉がよく使われるようになりました。本展では、「リスペクト」を創作に欠かせない普遍的な感情と捉え、鎌倉ゆかりの文学者10組のリスペクトの諸相を貴重な資料で紹介します。

画面を閉じる