鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 鎌倉ゆかりの文学 | 主なゆかり文学者 |
トップページに戻る ≫
文学者100人

正岡子規
正岡子規
慶応3年〜明治35年(1867〜1902)
本名・正岡常規
俳人、歌人。愛媛県生まれ。東京帝国大学中退。明治25年「獺祭書屋俳話」を新聞「日本」に連載し、俳句の革新に着手。日清戦争従軍記者の時、喀血で病状悪化。病床生活の中で「日本」や俳誌「ホトトギス」を舞台に果敢な文学活動を展開、短歌革新にも着手した。夏目漱石とも親交を結んだ。著書に『墨汁一滴』『病牀六尺』『仰臥漫録』、没後歌集『竹の里歌』など。横須賀線開通前の明治21年、友人と鎌倉を訪れ、また、26年にも鎌倉で療養中の陸羯南を見舞いに来ている。「鎌倉一見の記」という文章を書き、俳句や歌を詠んでいる。文学者として来鎌した最も早い1人だった。鎌倉宮へ行く途中で初めての喀血をしていた。
真杉静枝
真杉静枝
明治34年〜昭和30年(1901〜1955)
小説家。福井県生まれ。台中高等女学校中退。若くして結婚に失敗し、台湾より帰国。大阪で新聞記者となり、武者小路実篤の知遇を得た。昭和8年「桜」の創刊に同人として参加。「大調和」「女人芸術」などに私小説風の作品を発表。昭和8年中村地平と知り合い同棲するが数年で別離。17年中山義秀と結婚。戦後は創作から遠ざかり、新聞の人生相談担当や、原爆少女の救済のために尽力。代表作に『小魚の心』、ほかに『むすめ』『仇ごよみ』『花怨』など。中山義秀と結婚した翌18年に極楽寺に転入し、離婚後も極楽寺に21年から25年まで居住した。東慶寺に眠る。
松本たかし
松本たかし
明治39年〜昭和31年(1906〜1956)
本名・松本孝
俳人。東京生まれ。宝生流の能役者の家に育ち、8歳から舞台に立つが、病弱なため役者をあきらめ俳句に進む。高浜虚子に師事し、昭和4年「ホトトギス」同人となる。中村草田男、川端茅舎とならんで俳壇の新鋭として登場。「生来の芸術上の貴公子」と茅舎に評された。昭和10年『松本たかし句集』を刊行、以後『鷹』『野守』『石魂』『火明』などの句集を出版。ほかに『えごの花』『鉄輪』などの随筆集や宝生九郎の伝記小説を著わした。21年に俳誌「笛」を創刊、主宰した。大正14年に療養で鎌倉に来たあと、翌年から昭和20年まで浄明寺に居住した。
真船豊
真船豊
明治35年〜昭和52年(1902〜1977)
劇作家、小説家。福島県生まれ。早稲田大学中退。左翼思想の影響で農民運動に携わった後、昭和9年に発表した「鼬」が正宗白鳥らに賞賛され、久保田万太郎演出で評判を得て、劇作家として脚光を浴びた。以後次々と手法の実験に取り組みつつ流行作家として活躍。放送劇にも進出した。戯曲集『鼬』『裸の町』『遁走譜』『中橋公館』、ラジオ・ドラマ集『なだれ』『真船豊ラジオ・ドラマ集』などを刊行。小説も手がけ、長編小説『忍冬』『陽気な家族』『白魚』、自伝『孤独の徒歩』、評論集『戯曲以前の言葉』など。昭和20年から33年まで山ノ内の円覚寺塔頭帰源院の離れに居住した。
三島由紀夫
三島由紀夫
大正14年〜昭和45年(1925〜1970)
本名・平岡公威
小説家・劇作家。東京生まれ。東京大学卒業。昭和19年『花ざかりの森』を出版。21年川端康成の推薦で「煙草」を発表し本格的に文壇に登場。川端とは終生にわたる親交を結ぶ。24年『仮面の告白』で反響を呼び、以後発表ごとに話題をさらう。主な作品に『潮騒』『金閣寺』『美徳のよろめき』『鏡子の家』『獣の戯れ』『憂国』、最後の大作『豊饒の海』、戯曲『鹿鳴館』『サド侯爵夫人』など。昭和21年以来たびたび川端家を訪問。また26年に加わった鉢の木会や33年創刊の「聲」のメンバーとして、中村光夫をはじめ鎌倉の文学者と親しく往き来した。
宮本百合子
宮本百合子
明治32年〜昭和26年(1899〜1951)
本名・宮本ユリ
小説家。東京生まれ。日本女子大学中退。学生の頃に発表した「貧しき人々の群」が認められ天才少女の出現といわれた。これを機に退学、作家生活に入る。渡米、結婚・離婚を経て、大正13年湯浅芳子の知遇を得て、共同生活やロシア遊学などをともにする。帰国後、プロレタリア作家同盟に加盟、日本共産党に入党し、宮本顕治と結婚、非転向を貫く。戦後「新日本文学」創刊に関わり「歌声よ、おこれ」を書いた。主な作品に『伸子』『道標』『播州平野』『風知草』などがある。大正14年夏、湯浅の借りた山ノ内の明月谷戸の貸別荘にともに滞在した。
三好達治
三好達治
明治33年〜昭和39年(1900〜1964)
詩人。大阪府生まれ。東京帝国大学卒業。梶井基次郎らの「青空」に参加、名詩篇「乳母車」「甃のうへ」などを発表、好評を得た。昭和3年「詩と詩論」創刊同人として詩、翻訳、評論で活躍。5年第一詩集『測量船』を刊行、名声を博した。9年には堀辰雄、丸山薫らと詩誌「四季」を創刊、詩壇の主流となった「四季」派の中核であった。主な詩集に『南窗集』『春の岬』『駱駝の瘤にまたがって』『百たびののち』など多数。翻訳詩集『巴里の憂鬱』、随筆『路傍の秋』『夜沈々』、詩人論『萩原朔太郎』などもある。昭和13年から14年にかけて稲村ガ崎に居住した。
村松梢風
村松梢風
明治22年〜昭和36年(1889〜1961)
本名・村松義一
小説家。静岡県生まれ。慶応義塾大学中退。大正6年「中央公論」編集主幹の滝田樗蔭に認められ、同誌に「琴姫物語」を発表、情話作家として文壇に登場、文筆生活に入る。大正15年個人雑誌「騒人」を発刊、「正伝清水次郎長」を連載、生彩を放った。大衆文学のなかでも読物風の人物評伝に新境地を開き、なかでも『近世名勝負物語』は各界のライバル人物伝として注目された。ほかに『残菊物語』『近世名匠伝』『新水滸伝』『本朝画人伝』『近代作家伝』『桃中軒雲右衛門』『川上音二郎』などがある。昭和22年頃から没年まで西御門に居住した。
村山知義
村山知義
明治34年〜昭和52年(1901〜1977)
劇作家、小説家、演出家。東京生まれ。東京帝国大学中退。大正11年渡独し前衛美術を持ち帰り、13年柳瀬正夢らと前衛雑誌「MAVO」を創刊。その後、プロレタリア演劇運動の中心的指導者として活躍。戯曲「スカートをはいたネロ」『暴力団記』を刊行し、転向小説とされる『白夜』を経て、戦後には、長編小説『新選組』『忍びの者』がある。大正13年「子供之友」にさし絵を描いていたのが縁で、童話や童謡を寄稿していた岡内籌子と結婚。籌子作、知義絵の『村山籌子作品集』もある。昭和20年から24年まで長谷に居住した。鎌倉アカデミア教授も務めた。
森田たま
森田たま
明治27年〜昭和45年(1894〜1970)
随筆家。北海道生まれ。札幌高等女学校を中退。明治44年雑誌「少女世界」に投稿した文章が認められ上京。大正2年、森田草平に師事し「片瀬まで」などを発表。婿養子との離婚、大恋愛での結婚の後は文筆を絶つが、昭和7年に草平と再会したのを機に「着物・好色」を「中央公論」に発表。以後作家活動を再開して『もめん随筆』『随筆歳時記』などを出版した。長編『石狩少女』、短編集『招かれぬ客』のほか童話集、少女小説集などもある。戦後は『きもの随筆』『押絵の女』など。参議院議員を6年務め『ぎゐん随筆』も書いた。19年から27年まで鎌倉山に居住した。



プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン