鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 鎌倉ゆかりの文学 | 主なゆかり文学者 |
トップページに戻る ≫
文学者100人

萩原朔太郎
萩原朔太郎
明治19年〜昭和17年(1886〜1942)
詩人。群馬県生まれ。慶應義塾大学中退。高校時代からマンドリンやギターを習う。大正2年北原白秋の主宰誌「朱欒」に短歌と詩を発表、同誌で室生犀星を知り親交を結び、ともに白秋を崇敬した。大正5年犀星と詩誌「感情」を創刊し、翌年第一詩集『月に吠える』、12年に『青猫』を刊行し、日本の詩壇に根本的な変革を示唆し、後進の詩人たちに大きな影響を与えた。ほかに詩集『純情小曲集』『氷島』、歌集『空いろの花』、詩論『詩の原理』、アフォリズム集『虚妄の正義』、小説『猫町』など。大正5、6年坂ノ下の旅館に滞在し、14年から15年にかけて材木座に居住した。
林房雄
林房雄
明治36年〜昭和50年(1903〜1975)
本名・後藤寿夫
小説家。大分県生まれ。東京帝国大学在学中、中野重治らとマルクス主義芸術研究会を指導。大正15年「文芸戦線」に「林檎」を発表し、プロレタリア作家として出発。京大事件に連座、出獄後、文学の政治への従属を否定した。昭和8年小林秀雄らと「文学界」創刊に携わり、11年にはプロレタリア作家廃業宣言。出獄後鎌倉で代表作『青年』を執筆、刊行。戦後は鎌倉を舞台にした『息子の青春』『妻の青春』などを出版、『大東亜戦争肯定論』は話題を呼んだ。昭和7年大町に転入し、一時伊豆に移るが、11年から没年まで浄明寺に居住した。報国寺に眠る。
林不忘
林不忘
明治33年〜昭和10年(1900〜1935)
本名・長谷川海太郎
小説家、翻訳家。新潟県生まれ。函館中学校中退。大正7年単身アメリカに渡り、オベリン大学等に籍を置き、各種の職業につきながら勉学に励んだ。帰国後「探偵文芸」に参加。三つの筆名を使いわけ、谷譲次の名で「テキサス無宿」など”めりけんじゃっぷ“ものや「踊る地平線」、牧逸馬の名で「暁の猟人」などの現代小説、ミステリーや翻訳、林不忘の名で「大岡政談」など時代小説を書き、特に「丹下左膳」は圧倒的な人気を博した。『一人三人全集』がある。大正15年に材木座の向福寺に住み、その後没年まで笹目、雪ノ下と移り住んだ。
図録の閲覧はこちら ≫
「鎌倉文学館資料集1 長谷川海太郎コレクション」はこちらから ≫
久生十蘭
久生十蘭
明治35年〜昭和32年(1902〜1957)
本名・阿部正雄
小説家。北海道生まれ。東京の聖学院中学校中退。函館新聞社に勤めるが、上京して岸田國士に師事する。昭和4年渡仏し、パリの国立工芸学校などに学んだ。帰国後、新築地劇団で演出助手をしながら「新青年」などに小説を書き、推理、探偵、ユーモア、歴史小説と幅広く発表。昭和26年歴史小説「鈴木主水」で直木賞受賞、30年に「母子像」が国際短編小説コンクールで1等入選、声名をあげた。主な著書に『だいこん』『十字街』『うすゆき抄』『肌色の月』など。昭和22年から没年まで材木座に居住。材木座霊園に眠る。
広津和郎
広津和郎
明治24年〜昭和43年(1891〜1968)
小説家、評論家。東京生まれ。早稲田大学卒業。大正元年葛西善蔵らと「奇蹟」を創刊。大正6年発表の評論「怒れるトルストイ」や小説「神経病時代」で認められ、小説・評論両分野で幅広く活躍。この頃の作品に「死児を抱いて」「やもり」など。長編『風雨強かるべし』や評論感想集『作者の感想』は戦前の代表作。戦後の文壇回想録『年月のあしおと』はユニークな労作とされる。また「松川裁判」批判を行う活動を続け『松川裁判』を著した。大正5年に療養中の父を伴い坂ノ下に転入。その後も居を変え、大正8年から12年頃まで小町と東京を往き来した。
深田 久彌
深田 久彌
明治36年〜昭和46年(1903〜1971)
小説家、山岳紀行家。石川県生まれ。東京帝国大学に在学中「新思潮」に参加して作品を発表し、また改造社編集部員となる。昭和5年「作品」の創刊同人となり、同年発表した「オロッコの娘」「あすなろう」で新進作家として認められた。8年小林秀雄らと「文学界」を創刊。戦前の著作に『津軽の野づら』『鎌倉夫人』『贋修道院』『親友』、随筆紀行集『山岳展望』『山頂山麓』など。戦後は小説から遠ざかり、ヒマラヤ研究や山岳紀行に活躍し、『日本百名山』『ヒマラヤの高峰』は名著とされる。昭和7年から21年まで二階堂に居住した。
北條秀司
北條秀司
明治35年〜平成8年 (1902〜1996)
本名・飯野秀二
劇作家。大阪府生まれ。関西大学卒業。大正15年上京し、箱根登山鉄道に入社、昭和8年岡本綺堂に師事した。「表彰式前後」「華やかな夜景」の上演で認められ、15年戯曲集『閣下』が新潮社文芸賞を受賞。戦後も新派、歌舞伎、新国劇、宝塚歌劇など商業演劇の第一人者として活躍、演出も手がけた。48年演劇文化への貢献で菊池寛賞受賞。戯曲の代表作「王将」「井伊大老」「女将」「太夫さん」「佃の渡し」「末摘花」「浮舟」や自伝『わが歳月』『演劇太平記』のほか紀行文集『古都祭暦』『奇祭巡礼』などがある。昭和24年山崎に転入し、29年から没年まで岡本に居住。龍宝寺に眠る。
星野立子
星野立子
明治36年〜昭和59年(1903〜1984)
俳人。高浜虚子の次女として東京に生まれる。東京女子大学高等学部卒業。結婚後、父虚子の勧めで句を作りはじめ、頭角を現わした。昭和5年、初の女流主宰俳誌「玉藻」を創刊し、7年には「ホトトギス」同人となる。見たまま感じたままを素直に表現する天賦の才能を発揮し、句集に第一句集『立子句集』をはじめ『鎌倉』『笹目』『実生』『春雷』などがある。明治43年から由比ガ浜に住み、大正14年の結婚後は東京で暮すが、昭和6年から由比ガ浜に、16年から没年まで笹目町に居住した。寿福寺に墓があり、妙法寺、寿福寺、高徳院に句碑がある。
堀口大學
堀口大學
明治25年〜昭和56年(1892〜1981)
詩人、翻訳家。東京生まれ。慶應義塾大学中退。外交官である父に従い14年間海外で過ごし、その間フランス文学に親しみ、詩作と翻訳を日本に送り続ける。大正7年訳詩集『昨日の花』にはじまり、8年に第一詩集『月光とピエロ』、第一歌集『パンの笛』を出版。大正14年帰国後刊行の訳詩集『月下の一群』はわが国最大の訳詩集として大きな影響を与えた。詩集『人間の歌』『夕の虹』などのほか、ポール・モーランの『夜ひらく』、ラディゲ『ドルジェル伯の舞踏会』『ランボウ詩集』『悪の華』など翻訳も多彩。昭和7年夏長谷に住み、由比ガ浜の父の別荘にもしばしば滞在した。鎌倉霊園に眠る。



プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
公益財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
ハルノデザイン