鎌倉文学館
鎌倉文学館について ご利用案内 展覧会情報 イベント情報 鎌倉と文学 ミュージアムショップ
| 鎌倉ゆかりの文学 | 主なゆかり文学者 |
トップページに戻る ≫
文学者100人

芥川龍之介
芥川龍之介
明治25年〜昭和2年(1892〜1927)
小説家。東京生まれ。東京帝国大学在学中の大正4年に「羅生門」を発表、翌年「鼻」で夏目漱石の激賞を受け、「芋粥」「手巾」で文壇登場。同級生に久米正雄がいる。卒業後、横須賀の海軍機関学校で英語を教えながら、最初の短編集『羅生門』を刊行。大正8年大阪毎日新聞社に入社、創作活動に専念。代表作には『河童』『歯車』『或阿呆の一生』、箴言集『侏儒の言葉』など。教師時代の大正5、6年に海浜ホテル近くの由比ガ浜に下宿、7年から1年ほど元八幡近くの借家で新婚生活を送った。この時期は「地獄変」「蜘蛛の糸」「奉教人の死」などを発表した充実期でもあった。
有島生馬
有島生馬
明治15年〜昭和49年(1882〜1974)
本名・有島壬生馬
画家、小説家。横浜生まれ。有島武郎の次弟、里見クの兄。学習院中等科時代に志賀直哉と親交を結ぶ。東京外国語学校卒業後、藤島武二の門に入り、明治38年に渡欧し絵画、彫刻を学ぶ。帰国直後「白樺」の創刊に同人として参加、新体詩や小説を発表。またセザンヌを初めて紹介するなど日本洋画界に多くの業績を残した。島崎藤村に師事し日本ペンクラブの活動にも尽力。創作集『蝙蝠の如く』『嘘の果』のほか、翻訳『回想のセザンヌ』、随想『美術の秋』、回想集『思い出の我』など。少年期に由比ガ浜の父の別荘に住み、大正9年から没年まで稲村ガ崎の〈松の屋敷〉に居住した。
有島武郎
明治11年〜大正12年(1878〜1923)
小説家。東京生まれ。有島生馬、里見クの兄。札幌農学校(現・北海道大学)卒業。3年間の米国留学ののち欧州を巡遊。キリスト教への懐疑を秘めて帰国後、母校の教授に就任。雑誌「白樺」の創刊に参加、文筆活動をはじめる。主な作品に『カインの末裔』『生れ出る悩み』『或る女』『惜みなく愛は奪ふ』など。由比ガ浜に父・武の別荘があったことから、幼少期から鎌倉に親しみ、大正3年に妻を由比ガ浜に転地療養させた。4年に教職を辞し帰京。妻の死後、旺盛な作家活動に入り、大正8年に円覚寺塔頭松嶺院にこもって『或る女』の後編を執筆した。
石塚友二
石塚友二
明治39年〜昭和61年 (1906〜1986)
俳人、小説家。新潟県生まれ。小学校卒業後、大正13年に上京、東京堂書店に就職。横光利一の門に入る。横光命名の沙羅書店を経営する傍ら、昭和12年から石田波郷主宰の俳誌「鶴」の編集経営にあたる。17年短編小説「松風」を「文学界」に発表し、翌年池谷信三郎賞を受賞。44年からは石田波郷亡きあとを受けて「鶴」を主宰。句集『百万』『方寸虚実』『曠日』『玉縄抄』、短編集『松風』『青春』『田螺の唄』、随筆集『とぼけ旅人』『日遣番匠』『こころの山河』など。昭和20年秋に川端康成の誘いで鎌倉文庫に入社。疎開先の郷里新潟から鎌倉に移り以後没年まで稲村ガ崎、極楽寺、植木、玉縄と移り住んだ。
泉鏡花
泉鏡花
明治6年〜昭和14年(1873〜1939)
本名・泉 鏡太郎
小説家。石川県生まれ。明治23年尾崎紅葉にあこがれて上京、翌24年門下生となる。27年に発表した「義血侠血」(上演名「滝の白糸」)が好評を得、「夜行巡査」「外科室」で観念小説の新進作家として文壇に登場。抒情性・幻想性をたたえた『高野聖』などで人気作家となった。ほかに『春昼』『草迷宮』『婦系図』『歌行燈』『夜叉ヶ池』など。紅葉門下となるまでの放浪の一年、明治24年の夏に材木座の妙長寺に滞在。この経験をもとに「星あかり」を執筆した。また「冠弥左衛門」「活人形」「金時計」などにもこの体験が生かされている。
井上剣花坊
井上剣花坊
明治3年〜昭和9年(1870〜1934)
本名・井上幸一
川柳作家。山口県生まれ。苦学をし、地元紙記者を経て上京、明治36年日本新聞社に入社、紙面に川柳欄を設け、新しい川柳を提唱。38年柳樽寺川柳会を組織し機関誌「川柳」を創刊。各紙の川柳欄を担当するなど川柳革新運動を推進し、現代川柳の基礎を築いた。昭和期は「大正川柳」を改題した「川柳人」を主宰、晩年はプロレタリア川柳に傾倒。門人には作家の吉川英治(俳名・雉子郎)もいる。著書に『新川柳六千句』『古川柳真髄』など。昭和9年夏執筆と静養を兼ねて建長寺塔頭正統院に滞在していたが急逝、同院墓地に葬られた。建長寺に川柳碑がある。
江藤淳
江藤淳
昭和8年〜平成11年(1933〜1999)
本名・江頭淳夫
評論家。東京生まれ。慶應義塾大学在学中に発表した『夏目漱石』で、同時期に登場の石原慎太郎、大江健三郎らとともに気鋭の新人として注目を浴びた。米国留学を経てプリンストン大学、東京工大、さらに慶大で教鞭をとりながら評論家として活躍。平成6年から日本文芸家協会理事長を務めた。『小林秀雄』で新潮文学賞、『漱石とその時代』で野間文芸賞、菊池寛賞を受けたほか、著書に『奴隷の思想を排す』『作家は行動する』『アメリカと私』『成熟と喪失』『海は蘇える』『一族再会』などがある。昭和16年から23年まで極楽寺、55年から没年まで西御門に居住した。
大岡昇平
大岡昇平
明治42年〜昭和63年(1909〜1988)
小説家、評論家。東京生まれ。小林秀雄、中原中也らを知った19歳の青春が、文学的転機となった。京都大学卒業後、会社勤務の傍らスタンダール研究に打ち込む。昭和19年ミンドロ島に出征、翌年米軍の俘虜となり、復員後この体験を描いた「俘虜記」を発表、作家としてデビューした。その系列に『野火』(鎌倉で執筆)、後の大作『レイテ戦記』がある。ほかに『武蔵野夫人』(鎌倉で構想)『花影』『天誅組』『少年』『事件』『堺港攘夷始末』や、『中原中也』『富永太郎』『小説家夏目漱石』など。昭和11年、13年に扇ガ谷、円覚寺塔頭白雲庵に下宿、23年には雪ノ下の小林宅離れに仮寓、24年から28年まで極楽寺に居住。
太田水穂
太田水穂
明治9年〜昭和30年(1876〜1955)
本名・太田貞一
歌人、国文学者。長野県生まれ。長野師範学校卒業。松本高女教諭などを経て、日本歯科医学校教授を勤めた。長野時代に窪田空穂らと和歌同好会「この花会」を結成。明治38年島木赤彦との合著『山上湖上』を出版して注目された。翌年上京、妻・四賀光子とともに教職の傍ら創作を続け、大正4年「潮音」を創刊、主宰する。歌集に『雲鳥』『冬菜』『螺鈿』『流鶯』『双飛燕』(妻との合著)『老蘇の森』などがあり、歌論や古典研究にも多くの業績を挙げた。昭和9年扇ガ谷に静養の場として〈杳々山荘〉を設け、14年から没年まで定住した。東慶寺に夫妻の墓と歌碑がある。
岡本かの子
岡本かの子
明治22年〜昭和14年(1889〜1939)
小説家、歌人。東京生まれ。夫は漫画家の岡本一平、息子は画家の岡本太郎。兄・大貫晶川の影響で文学にめざめ「明星」に短歌を発表、後に「スバル」の同人として活躍。歌集『かろきねたみ』『愛のなやみ』『浴身』のあと、『わが最終歌集』刊行後、小説家に転身。芥川龍之介をモデルにした『鶴は病みき』で文壇への足がかりを得る。精神の救いを仏教に求め仏教研究にも傾倒した。代表作に『母子叙情』『金魚撩乱』『老妓抄』『河明り』『雛妓』など。大正10年建長寺の禅道場にこもり、12年鎌倉駅近くの宿に逗留、同宿の芥川とも偶然知り合う。鎌倉から帰る予定の9月1日に関東大震災に遭遇し翌日帰京した。
荻原井泉水
荻原井泉水
明治17年〜昭和51年(1884〜1976)
本名・荻原藤吉
俳人。東京生まれ。東京帝国大学卒業。河東碧梧桐の新傾向俳句運動に参加し、明治44年「層雲」を創刊。季題無用論を唱え、印象の詩としての俳句を提唱する。碧梧桐らが主張を異にして去ったあとは、名実ともに「層雲」の中核となった。後年は自由律俳句を実践する。著書は多く、句集『原泉』『長流』『大江』『四海』などがあり、芭蕉や一茶に関する著書や俳論、俳話もある。また俳画集などもある。30歳の頃数回円覚寺に参禅、昭和3年から佐助、扇ガ谷、材木座等に住み、10年代の東京転出を挟んで、昭和19年から没年まで山ノ内に居住した。
尾崎喜八
尾崎喜八
明治25年〜昭和49年(1892〜1974)
詩人、随筆家。東京生まれ。京華商業卒業。高村光太郎の知遇を得、会社勤めの傍ら翻訳や詩、小説を「白樺」に発表。白樺派の人々と交友を深めながら、畑を耕し、詩文を書くという田園生活を愛した。大正11年の第一詩集『空と樹木』以来、自然と内面の照応に独自の詩境を深め、『高層雲の下』『高原詩抄』から戦後の『花咲ける孤独』『田舎のモーツアルト』『その空の下で』まで17冊の詩集を数える。『山の絵本』などの随想集やヘッセやデュアメルらの翻訳も多い。昭和41年から没年まで山ノ内の明月谷戸に居住し、この谷戸をこよなく愛したという。明月院に詩篇「回顧」の碑がある。
大佛次郎
大佛次郎
明治30年〜昭和48年(1897〜1973)
本名・野尻清彦
小説家。横浜生まれ。東京帝国大学卒業。筆名は長谷の大仏裏に住んだことに由来する。大正13年に「鞍馬天狗」を発表、以後『照る日くもる日』『赤穂浪士』などの時代小説を書き大衆文学に新境地を開いた。『霧笛』『帰郷』『宗方姉妹』などの現代小説、『ドレフュス事件』『パリ燃ゆ』、絶筆となった『天皇の世紀』などの史伝と幅広いジャンルで活躍した。大正10年東大卒業後長谷に住み、約1年鎌倉高等女学校(現・鎌倉女学院高等学校)の教師もした。12年の関東大震災は長谷で遭遇。一時期材木座にも住む。昭和4年から没年まで雪ノ下に居住した。鎌倉風致保存会の設立にも貢献した。寿福寺に眠る。
小津安二郎
小津安二郎
明治36年〜昭和38年(1903〜1963)
脚本家、映画監督。東京生まれ。宇治山田中学校卒業。大正12年松竹キネマ蒲田撮影所に撮影助手として入社、15年監督部に配属、昭和2年に監督となる。第一作は終生のコンビとなる野田高梧脚本で「懺悔の刃」。戦後の作品に「晩春」「麦秋」「東京物語」「彼岸花」など。ロー・アングル、ロー・ポジションに代表される小津独特の映画手法は、国際的にも高い評価を得ている。鎌倉文士との交流は盛んで、特に里見クとの親交は深かった。「晩春」「麦秋」は鎌倉を舞台とした作品。里見原作の「彼岸花」「秋日和」、大佛次郎原作の「宗方姉妹」もある。昭和27年から没年まで山ノ内に居住し、円覚寺に母とともに眠る。


プレス関連・取材をご希望の方へ Q&A お問合せ リンク サイトマップ プライバシーポリシー
財団法人鎌倉市芸術文化振興財団
アトリエ春間